NetCommons
 
究極の情報基盤システム詳細を見る
 

このページは、Netcommons1.xに関する更新履歴を抜粋して掲載しています。
 
 

2008/10/29

version1.1.4

| by matsumoto
NetCommons 1.1.3から1.1.4へのアップグレード

[準備]
アップグレード作業をされる前に、バックアップされることをお勧め致します。
NetCommonsインストールディレクトリ配下のファイルすべてと、
データベースのダンプファイルがあれば復旧可能です。

[前提条件]
1.1.3バージョンをお使いの方に限ります。

1.1.0~1.1.2をお使いの方で、1.1.4へアップグレードする方は、1.1.3へアップグレードを行ってください。
1.0.xをお使いの方で、1.1.4へアップグレードする方は
を行ってください。

1. 当サイトダウンロードのページより「NetCommons-1.1.3_to_1.1.4」のパッケージをダウンロードし、解凍後、上書きアップロードします。
2. 一括アップデートを実行し全てのモジュールの成功したらアップグレードが完了します。

コアモジュールに関するお知らせ

1.バグフィックス
NetCommons1.1.3から発生したバグを修正しました。
修正内容は下記の[変更履歴]を参照してください。
=============================================
[変更履歴]
- 重大なセキュリティバグに関する修正
- 携帯のデザインを修正
- Wysiwygに関するバグの修正
- 施設予約で誰が予約したかわかるように修正
- 施設予約で予約編集時、画像をupload出来ないバグを修正
- キャビネットで一般・モデレータが自分がアップしたファイルが削除できないバグを修正
- ToDoを編集した場合、変更していない内容まで新着に載ってしまうバグを修正
- 登録フォームでデータのクリアをできるよう修正
- 小テストで非会員の解答も一覧できるように修正
- 小テストの非会員が解答した場合、メール送信されないバグを修正
- 小テストで未解答者数を表示しないように修正
- アンケートで非会員の回答も一覧できるように修正
- アンケートで非会員が回答した場合、メール送信されないバグを修正
- アンケートで未回答者数を表示しないように修正
- レポート詳細の「提示者/回答者」のヘッダー名称が「提示日/回答日」になっているバグを修正
- 汎用DBで一般ユーザーが一覧表示を見た場合、ページの表示がおかしくなるバグを修正
- RSSの表示のソートに関するバグを修正
- 新規インストール時に.htaccessを有効かどうかの注意書きを表示するように修正

14:53 | NC1.xバージョンアップ
NetCommons1.x のバージョンを確認する方法

インストール先ディレクトリ/include/version.php」に記述されているバージョンが
お使いになっているNetCommonsのバージョンです。

(注意)
2005/10/17以前にNetCommons1.0.0~1.0.2をNetCommons1.0.3にアップグレードした場合、
「インストール先ディレクトリ/include/version.php」のバージョンはNetCommons1.0.2となっています。

この場合、「インストール先ディレクトリ/include/common.php」の2行目に記述されている更新日付を確認してください。
「2005/08/06 04:56:06」になっている場合、NetCommonsのバージョンは1.0.3です。